おすすめ投稿

貧血の改善にどのような飲み物を用いれば良いか

貧血を改善するためにどうすればよいのか?
その答えは、原因である鉄欠乏症を対処するということにある。
1つは、鉄分を補給すること。
もう1つは、体に鉄分を吸収することを助ける成分を摂取すること。

鉄分の吸収は、ビタミン類や、クエン酸などによって促進される。キレート効果は有名だ。
貧血に効く飲み物とは、上記2点を満たす飲み物のことである。

こうした飲み物を日常的に飲むことを心がければ、やがて鉄欠乏症の症状は治まり、ひいては貧血も改善されるだろう。

続きを読む

私の貧血の体験談です

中学生のころ、ダイエットをしていて、貧血になりました。食事制限のダイエットをしていました。あのころは思春期でしたし、雑誌を読むのが好きだったのですが、雑誌に出てくるモデルさんたちのあまりの細さに影響されました。
また、ある人の一声がきっかけになり、ダイエットをしていました。夕飯は、シシャモ一匹に、キャベツを大量に、という感じでした。また、コーンフレークを一粒ずつ食べたりしていました。あと食べていたのは、ヨーグルトです。極端な食事制限のダイエットをしていました。おなかが減るのはつらかったですが、とにかくやせたくてしょうがなかったです。

続きを読む

この年になって貧血を初体験しました

タイトルにドキッとした方、残念でした(笑)貧血の話です。
ここ一週間くらいでダイエットを始めまして、食事制限と筋トレと軽い有酸素運動という王道の組み合わせで減量を試みてるんですが、先日立ちくらみを起こしまして。
普段は風邪も滅多に引かない程の健康体なので、驚いて友人にその話をしてみたら、「それ、絶対に貧血だよ(笑)」と心配されました。その友人、笑ってましたけどね!
健康優良児なので、当然今までに貧血というものを体験した事もなく、思わず「こ、これが貧血か…!初体験…」と口走ったら、友人どころかカフェの店員さんにも笑われる始末。流石にちょっと恥ずかしくて、穴があったら入りたくなりましたよね…。 続きを読む

貧血を自覚するタイミングが早い私

私はたまに貧血になっているのですが、病院にかかるタイミングというのを自分なりにつかめるようになってきています。
私は貧血になるとまず体がめちゃくちゃだるくなってしまい、いつもより疲れやすいなということを感じます。

また立ち上がったり動き始めた時に、ふらふらと立ちくらみやめまいのようなものを感じることがあります。目のところを見て、目のふちが白っぽくなっているのも貧血の症状のようなので、そういったところを注意深く観察して早い段階で病院にかかるようにしています。
続きを読む

出産後に大量出血で貧血になる

私は一年前に第二子を出産したのですが、その時に出産後に血がなかなか止まらないということで貧血になり大変でした。
赤ちゃんはかなり大きめで3,500gで産まれてきて、スピード出産だったので私が大量出血してしまったのです。

その後もなかなかだらだらと出てくる血が止まらずに、診察に来た新米医師の人も焦ってベテランの人を呼ぶぐらいのことになりました。
その後一日ぐらいは動いたら出血がひどくなると言うことで、ベッドで安静に過ごしていて少しトイレなどに動いてもふらふらするような感じでした。
続きを読む

貧血で妊娠を疑われる

私が最初に貧血になったのは20代前半の頃なのですが、一人暮らしをしながら働いていてなかなか食事に気をつける余裕のない生活を送っていました。当時資格試験の勉強もしていて忙しくて健康に気をつける余裕もなかったのですが、徐々に体調不良が襲ってきました。

なぜかだるい、風邪をひいているような感じだということで、当時働いてた職場に提携している病院で診察をしてもらいました。その時に担当してた医師の言葉は今でも忘れられないのですが、「妊娠に症状が似ているけど。妊娠しているかもしれないよ」と言われました。検査薬で検査ができるけどこの病院でやったら時間がかかると言われました。
続きを読む