おすすめ投稿

貧血の改善にどのような飲み物を用いれば良いか

貧血を改善するためにどうすればよいのか?
その答えは、原因である鉄欠乏症を対処するということにある。
1つは、鉄分を補給すること。
もう1つは、体に鉄分を吸収することを助ける成分を摂取すること。

鉄分の吸収は、ビタミン類や、クエン酸などによって促進される。キレート効果は有名だ。
貧血に効く飲み物とは、上記2点を満たす飲み物のことである。

こうした飲み物を日常的に飲むことを心がければ、やがて鉄欠乏症の症状は治まり、ひいては貧血も改善されるだろう。

続きを読む

貧血でホームから落ちそうになった。

数年前に勤めていた時、貧血が酷くて駅のホームから、落ちそうになりました。その日は朝から酷い生理痛で、会社を休もうか悩みました。でも、大事な案件があったので意を決して電車に乗りました。
自宅から会社までは片道1時間半です。立っているだけでもしんどいのに、常の様に座る席がありません。だんだん目の前が暗くなるのを感じながら、気合で立ち続けました。
苦労の甲斐あってどうにか駅に着き、そこから片道15分歩いて会社に行きました。午前中はどうにか仕事ができましたが、どうにも身体がしんどいので昼に早退することにしました。

続きを読む

気を抜くと貧血の代償が・・・

最近特に貧血に悩むようになってしまいました。
これまでも貧血になる事は多々あったんですが、ある程度予測は出来ていました。
急激な運動をした後、風呂上り、急に動き出す時など気を付けていれば、問題ない範囲でした。
しかし、ここ半年程で大きな変化があるようになりました。それは、意識が飛ぶ事が出てきたことです。それまでは立ち眩みのようにクラッとしたり、少しヨロメク程度でした。ところが健康診断の際に始めて意識が飛ぶ事を経験しました。
あれは忘れもしない採決の時でした。いつも通り、注射針を腕に指して血液を抜いている時でした、いきなり目の前が真っ黒になりました。気が付くと私はベッドに横たわっていました。目を覚ますと近くにいた看護師の方が心配そうに話し掛けてくれ、初めて自分が意識を無くした事が分かりました。
続きを読む

妊娠中の貧血って大変!

今、生後6カ月の次女がいます。この子の妊娠中にあった少しこわい話です。
仕事をしながらの妊娠生活だったのですが、普段から体力には自信があったし、上の子のときの経験もあるので特別に妊娠中だからといって生活スタイルは変えずに家事と育児と仕事の両立に忙しい毎日を過ごしていました。
ある日、朝からお腹が痛いなぁと思いながら、職場で昼休みにトイレにいきたくなって便器に座り、大きい方の用を足していると急に目の前が真っ暗になり意識が遠のいていくのを感じました。しばらくして「はっ」と我に帰りましたが立てません。

続きを読む

私の貧血の体験談です

中学生のころ、ダイエットをしていて、貧血になりました。食事制限のダイエットをしていました。あのころは思春期でしたし、雑誌を読むのが好きだったのですが、雑誌に出てくるモデルさんたちのあまりの細さに影響されました。
また、ある人の一声がきっかけになり、ダイエットをしていました。夕飯は、シシャモ一匹に、キャベツを大量に、という感じでした。また、コーンフレークを一粒ずつ食べたりしていました。あと食べていたのは、ヨーグルトです。極端な食事制限のダイエットをしていました。おなかが減るのはつらかったですが、とにかくやせたくてしょうがなかったです。

続きを読む

この年になって貧血を初体験しました

タイトルにドキッとした方、残念でした(笑)貧血の話です。
ここ一週間くらいでダイエットを始めまして、食事制限と筋トレと軽い有酸素運動という王道の組み合わせで減量を試みてるんですが、先日立ちくらみを起こしまして。
普段は風邪も滅多に引かない程の健康体なので、驚いて友人にその話をしてみたら、「それ、絶対に貧血だよ(笑)」と心配されました。その友人、笑ってましたけどね!
健康優良児なので、当然今までに貧血というものを体験した事もなく、思わず「こ、これが貧血か…!初体験…」と口走ったら、友人どころかカフェの店員さんにも笑われる始末。流石にちょっと恥ずかしくて、穴があったら入りたくなりましたよね…。 続きを読む