生活習慣病の予防と治療

*高血圧・動脈硬化*

高血圧はそれだけにとどまらず肥満、高脂血症、糖尿病などの病気を引き起こし、動脈硬化、狭心症へと移行します。治療も長期にわたり、薬の服用が必要になります。また食事制限も加わり、かなりの自制心が求められます。深刻にならないうちに肥満を解消し薬漬けの日々を何とか避けたいものです。
スポンサードリンク
MENU

高血圧・動脈硬化のページ

HOME > 高血圧・動脈硬化
スポンサードリンク
■高血圧・動脈硬化
高血圧は、正常範囲の血圧を越えて高く維持されている状態を指し、本人にはほとんど自覚症状がありません。

しかし虚血性心疾患、脳卒中、腎不全などを発症する危険をはらみ、健康チェックの上では欠かすことのできない項目の一つです。

高血圧も生活習慣病のひとつであり、肥満、高脂血症、糖尿病などの病気を併発しやすく、「死の四重奏」
「syndrome X」「インスリン抵抗性症候群」などと称されています。

現在これらはメタボリックシンドロームと呼ばれています。

高血圧は2種類に分類されていて、特に原因はないのに加齢と共に血圧が上がるものを本態性高血圧、または一次性高血圧と称し、はっきりとした原因があるものを症候性高血圧、または二次性高血圧と分類されています。

高血圧患者の80%以上は本態性高血圧です。本態性高血圧は遺伝的傾向が強いので、家族に高血圧の人がいる場合は、定期的な血圧測定が望ましいでしょう。

めまいや動悸、頭痛は高血圧でなくてもおきる症状ですが、念のため血圧測定するのがよいでしょう。血圧の値は日によって、季節によって、また感情や緊張度によっても変化しますから、間隔(1,2週間)をあけて複数回測定した方がよいでしょう。

成人の場合高血圧の基準は最大血圧が160以上で最小血圧が95以上です。

血圧が高くなる原因として、直径0.1〜0.2の動脈が収縮することがあげられますが、なぜ動脈が収縮するのかは現在のところわかってはいません。

しかし、漬物を好む地域、つまり塩分を多く取る地域で暮らす人やストレスや刺激の多い地域で暮らす人たちは血圧が高くなる傾向があることがわかっています。それでも高血圧の原因としては環境以上に遺伝的な要因が強いと言うこともわかっています。

高血圧の怖いところは動脈硬化や狭心症、心筋梗塞、脳出血、脳梗塞、尿毒症などを誘発してしまうことです。
■高血圧の治療
治療は長期にわたります。最も勧められるのが食事療法です。塩分を控えめにして、最大血圧を160以下、最小血圧を100以下にするのが目的です。しかしそれでも下がらない場合は、降圧剤を投与しなければなりません。
詳細はこちら
■高血圧の食事療法
高血圧と動脈硬化は相関関係にあり、高血圧の予防が動脈硬化の予防にもつながります。高血圧の人の80%は、原因となる病気がないのに、血圧だけが高くなる本態性高血圧です。環境因子としてあげられるのは、
@食塩 A運動不足 B肥満 C気候 DストレスE嗜好 F職業です。
詳細はこちら
■高血圧を気をつけなければならない理由
改善を図るべく対処をしなければ、生命に関わる異変は徐々に徐々に身に迫ってきます。
詳細はこちら
■血圧上昇のメカニズム
血圧上昇には、3つの大きな要因が考えられます。
1.心拍出量の増加
2.抹消血管抵抗の増加
3.循環血液量の増加
■二次性高血圧のメカニズム
二次性高血圧は腎臓や副腎、甲状腺などの疾患、血圧調整に関わるホルモンや神経、血管などの異常によって生じている高血圧を指します。
詳細はこちら
■本態性高血圧のメカニズム
「本態性」とは原因が分からないことを意味する用語で、高血圧患者の実に95%が、本態性高血圧です。
詳細はこちら
■高血圧関連用語
HDLコレステロール
LDLコレステロール
収縮期血圧(最大血圧)
拡張期血圧(最小血圧)
■HOME
■高血圧・動脈硬化
■心臓病
■胃・十二指腸
■肝臓病
■糖尿病
■腎臓病
■肥満解消
■骨粗しょう症
■ガンを知る
■子宮筋腫とガン
■アレルギー
■食事療法
■免責事項
■リンクについて
■リンク集
■プロフィール
スポンサードリンク
Copyright(c) 2008 生活習慣病の予防と治療 All Right reserved