生活習慣病の予防と治療

*心臓病(狭心症・心筋梗塞)*

心臓病の中でも狭心症心筋梗塞は普段からの偏った食事や運動不足、不規則な生活習慣からもたらされる場合が多く、放っておくと深刻な事態を招きます。心臓の筋肉に血液が行き渡らなくなり、組織が硬化してしまう病気です。早い段階で生活習慣を改めると共に、医師と相談して改善策を講じなければなければなりません。
スポンサードリンク
MENU

心臓病(狭心症・心筋梗塞)のページ

HOME > 心臓病(狭心症・心筋梗塞)
スポンサードリンク
■心臓病(狭心症・心筋梗塞)
心筋梗塞とあわせて虚血性心疾患と呼ばれます。

心臓の筋肉に血液を送る血管が弾力を失い、硬化し、心筋が必要とする血液が供給されなくなる疾患です。

みぞおちから左胸部にかけて不快な圧迫痛を伴い、血流が回復すると痛みも消えます。

この圧迫痛を狭心痛といい、狭心痛の発作は繰り返して起こります。

左胸、左肩、左腕、みずおち、背中、のどに数十秒の圧迫痛が生じます。強い痛みの場合は呼吸困難や意識を失う場合もあります。

発作が生じるきっかけは、急な動き、階段を上る、重いものを持つ、脈が速くなるような精神状態、血圧の上昇、過食、排便、過労、飲酒、喫煙、入浴などさまざまで、運動も環境も急な変化で生じる傾向があります。発作に対しては安静が一番です。
■狭心症の治療
発作が起きたときは、おさまるまで楽な姿勢で安静にします。ニトログリセリンなどの発作を鎮める薬があれば舌の下に含んで溶かします。治療の方向は発作を抑えて心筋梗塞への進行を抑えることです。
詳細はこちら
■心筋梗塞
冠動脈の一部の血流が完全に途絶えてしまうため心臓が壊死してしまうことを心筋梗塞といい、狭心症よりも症状は重く、「死を予感」する経験者が多いことで知られています。狭心症経験者は心筋梗塞に進行しないように細心の注意を払わなければなりません。

前ぶれもなく突然発病する人もいますが、多くは狭心症の発作を経験します。発作によって胸の中央部に激痛や強い圧迫感を生じる人が多く、その状態の持続時間は数分から数時間に及びます。

次第に顔色が悪くなり、吐き気、冷や汗、手足が冷たくなる、便意を催す、意識が混濁する、呼吸困難になり、ショック状態に陥るなどの症状が現われます。痛みを感じないでいきなり意識消失、食欲低下、発熱、浮腫などの症状から発病する人もいます。

精神的緊張や天候の急変、暴飲暴食、酔いざめの入浴、体重の急な変化などが発病の引き金になることがありますが、突然発症する場合もあります。壊死の部分が大きければ大きいほど、心不全への移行確立が高くなります。
■心筋梗塞の応急手当
とにかく楽な姿勢で安静にする。亜硝酸剤が効かない場合もあります。いずれにせよ医師の監視下に置くことが大切です。
詳細はこちら
■心筋梗塞の治療
発病後1,2週間が最も不安定な時期ですから、専門医の監視下に置かなければなりません。血栓溶解の薬剤をカテーテルで冠動脈に注入される処置や電気ショックやペースメーカーなどの器具を用いる場合もあります。
詳細はこちら
■狭心症・心筋梗塞の食事療法
狭心症の場合、もし発作が頻繁に起こっているようであれば、心臓に負担をかけない食事を心がけ、さらに肥満があれば、肥満解消に役立つ食事を心がけ、高血圧や糖尿病があれば、それぞれ注意しなければならない食事を心がけます。心筋梗塞があれば、症状に応じて流動食からかゆへと食事が変化します。
詳細はこちら
■心臓病関連用語
運動負荷試験         ●核医学検査        ●超音波検査
ホルター心電図検査     ●冠動脈造影検査
■HOME
■高血圧・動脈硬化
■心臓病
■胃・十二指腸
■肝臓病
■糖尿病
■腎臓病
■肥満解消
■骨粗しょう症
■ガンを知る
■子宮筋腫とガン
■アレルギー
■食事療法
■免責事項
■リンクについて
■リンク集
■プロフィール
スポンサードリンク
Copyright(c) 2008 生活習慣病の予防と治療 All Right reserved