生活習慣病の予防と治療

*核医学検査*

核医学検査の解説です。
スポンサードリンク
MENU

核医学検査のページ

HOME > 心臓病(狭心症・心筋梗塞) > 核医学検査
スポンサードリンク
■核医学検査
狭心症などの検査には有効で、心臓の中の血液の流れ具合などを検査することができます。

この検査は静脈から放射性同位元素を注入し、一定時間が経過したら、心臓の中のどの部分に放射性同位元素が分布しているのかを特殊カメラで映像として見る事ができます。

これは放射性同位元素が心筋に集まる性質を利用した検査で、心臓の血流異常が生じている箇所を特定でき、障害の広さや、障害の程度を知ることができます。
■狭心症の治療
発作が起きたときは、おさまるまで楽な姿勢で安静にします。ニトログリセリンなどの発作を鎮める薬があれば舌の下に含んで溶かします。治療の方向は発作を抑えて心筋梗塞への進行を抑えることです。
詳細はこちら
■心筋梗塞の応急手当
とにかく楽な姿勢で安静にする。亜硝酸剤が効かない場合もあります。いずれにせよ医師の監視下に置くことが大切です。
詳細はこちら
■心筋梗塞の治療
発病後1,2週間が最も不安定な時期ですから、専門医の監視下に置かなければなりません。血栓溶解の薬剤をカテーテルで冠動脈に注入される処置や電気ショックやペースメーカーなどの器具を用いる場合もあります。
詳細はこちら
■狭心症・心筋梗塞の食事療法
狭心症の場合、もし発作が頻繁に起こっているようであれば、心臓に負担をかけない食事を心がけ、さらに肥満があれば、肥満解消に役立つ食事を心がけ、高血圧や糖尿病があれば、それぞれ注意しなければならない食事を心がけます。心筋梗塞があれば、症状に応じて流動食からかゆへと食事が変化します。
詳細はこちら
■心臓病関連用語
運動負荷試験         ●核医学検査        ●超音波検査
ホルター心電図検査     ●冠動脈造影検査
■HOME
■高血圧・動脈硬化
■心臓病
■胃・十二指腸
■肝臓病
■糖尿病
■腎臓病
■肥満解消
■骨粗しょう症
■ガンを知る
■子宮筋腫とガン
■アレルギー
■食事療法
■免責事項
■リンクについて
■リンク集
■プロフィール
スポンサードリンク
Copyright(c) 2008 生活習慣病の予防と治療 All Right reserved