生活習慣病の予防と治療

*子宮筋腫と子宮がん*

子宮筋腫は腫瘍の一種で、子宮の筋肉層に発生する良性の腫瘍を指します。初期段階においては小さなものでも、放っておくと様々な症状を引き起こし、女性の4人に1人が子宮筋腫の症状を持ち、30代から40代にかけて多いのが特徴です。
がんのうち最も治りやすいのが子宮がんといわれています。ですから自覚症状がなくても自主的に検診を受けることをお勧めします。
スポンサードリンク
MENU

子宮筋腫と子宮がんのページ

HOME > 子宮筋腫と子宮がん
スポンサードリンク
■子宮筋腫
子宮筋腫は腫瘍の一種で、
子宮の筋肉層に発生する良性の腫瘍を指します。

腫瘍はコリコリした弾力のあるしこりやこぶのようなもので、
初期段階においては小さなものでも、
放っておくと様々な症状を引き起こします。

女性の4人に1人が子宮筋腫の症状を持ち、
30代から40代にかけて多いのが特徴です。

金主のできる場所とでき方によって
主に3つに分けられています。

子宮の外側に向かって発生するものを漿幕下筋腫、
子宮腔に向かって発生するものを粘膜下筋腫、
子宮壁内で発生するものを壁内(筋層内)筋腫と呼んでいます。

このほかに子宮頚部に発生したものを頚部筋腫、
ポリープのようにぶら下がり、子宮口から外に出たものを
筋腫分娩と呼んでいます。

これらのしこりやこぶはそれを包んでいる外部との境界が
はっきりしているので、
手術での摘出が容易です。

発生する部位や個体数は人によって異なります。

◆漿幕下筋腫
  子宮の形をほとんど変えることなく、
  外部に膨れていくので、
  無症状のまま経過することが少なくありません。
  この筋腫があるままで出産する人もいます。

◆粘膜下筋腫
  子宮内腔で大きくなっていくので、
  子宮全体が大きくなり、
  過多月経や不正出血を引き起こします。
  有茎のものが発育して子宮口の外に出てしまう場合は、
  大出血を引き起こしてしまうこともあります。

◆壁内(筋層内)筋腫
  大きくなるにつれて子宮を変形させ、
  月経異常や月経痛を引き起こしてしまいます。

卵巣で作られる卵胞ホルモン・エストロゲンの刺激によって
子宮筋の線維が発育・増殖をするために発生します。
とくに妊娠によってホルモンの分泌に変化が現れると
急激に増大します。

しかし人によってはできないこともあるので、
その明確な原因はわかっていません。

子宮筋腫は良性の筋腫ですが、
まれに悪性の筋腫へと発展する場合があるので、
定期的な検診が重要です。
■子宮頸がん
子宮がんはその発生部位によって子宮頸がん、子宮体がんに分けられます。子宮頸がんは子宮頚部に発生するもので、子宮体がんは胎児が育つ子宮体部に発生します。子宮がんのうち子宮頸がんが圧倒的に多く、子宮体がんは子宮頸がんの5〜10%程度です。
詳細はこちら
■子宮頸がん治療
子宮頸がん治療には他の癌同様、手術療法、放射線療法、薬物療法があります。
詳細はこちら
■子宮体がん
子宮体がんは子宮内膜の細胞が癌化したもので、毎月正常に月経がある場合は子宮体癌の疑いはまずないと言ってよいでしょう。
詳細はこちら
■子宮体がん治療
子宮腔内より分泌物を採取して、子宮腔内に細い管を挿入して子宮内膜細胞を吸引して採取し、細胞を顕微鏡で調べます。痛みはほとんどないので、麻酔なしで行われます。その後癌と診断されれば、手術療法、放射線療法、薬物療法が行われます。子宮体癌の場合子宮頸癌ほど放射線治療が効果を発揮しないため、手術療法が中心となります。
詳細はこちら
■HOME
■高血圧・動脈硬化
■心臓病
■胃・十二指腸
■肝臓病
■糖尿病
■腎臓病
■肥満解消
■骨粗しょう症
■ガンを知る
■子宮筋腫とガン
■アレルギー
■食事療法
■免責事項
■リンクについて
■リンク集
■プロフィール
スポンサードリンク
Copyright(c) 2008 生活習慣病の予防と治療 All Right reserved