生活習慣病の予防と治療

*肝臓病*

肝臓は臓器の中でも比較的タフな臓器ですが、何らかの原因で硬化してしまうと体全体に甚大な影響を及ぼします。いわゆる肝硬変と呼ばれるこの疾患はC型、B型、アルコール性肝硬変の3つに大別できます。いったん硬化が始まると元に回復するのが難しい病気ですから、早い段階での治療が望まれています。
スポンサードリンク
MENU

肝臓病のページ

HOME > 肝臓病
スポンサードリンク
■肝臓病
ここでは肝臓病の一つである肝硬変を扱います。

現在日本にはおよそ40万人の肝硬変患者がおり、
60%がC型肝硬変、15%がB型肝硬変、12%がアルコール性肝硬変です。

最近ではメタボリックシンドロームに関連した非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)が
原因として注目されています。

慢性の肝障害の進行により、肝細胞が死滅・減少し線維組織化され、
肝臓が硬化し、肝機能が低下した状態を指します。

肝組織はもともと再生能力の強い組織ですが、
いったん線維化してしまうと元に戻りにくくなります。

肝臓はもともと高い組織再生能力を持つため、
線維化が高度に進行するまで自覚症状がありません。

初期にみられる症状は脱力感、
掻痒感、筋肉痛、体重減少など非特異的症状が多く、

さらに進むと合併症により腹水による腹部の膨満感やむくみ、
消化管の静脈瘤の破綻による吐下血、脳症による意識障害・昏睡、
食思不振・悪心・嘔吐などの症状をみせます。

その他、男性ではインポテンスや性欲減退、
女性化乳房、女性では月経不順などの症状を呈する場合があります。

肝硬変患者の多くに見られる症状として黄疸がありますが、
強い黄疸は肝臓破裂の危険をはらんでおり、悪化の兆しと言えます。

肝硬変の診断は主に血液検査によって行われます。

初期には異常を認めない場合も多いのですが。

進行すると、血清アルブミン濃度の低下、総ビリルビン濃度の上昇、
プロトロンビン時間の延長、コリンエステラーゼの低下が認められます。

このほかに血液中の白血球数の減少、貧血、
血清γグロブリンの上昇(肝炎ウイルスに対する免疫反応)
血小板数の減少が認められ、

特に血小板数の減少と肝組織の線維化の程度には
強い相関関係があるといわれています。

また肝臓は糖代謝にも重要な役割を果たしているので、
糖尿病を合併することもあります。

黄疸の出現にともない眼球結膜は黄染し、
進行すれば皮膚も黄褐色から黒色に近い色調を示します。

末期では腹水、胸水、むくみ、下腿の点状出血が認められます。

肝性脳症を合併した場合、特徴的な羽ばたき振戦があり、
意識障害や昏睡状態となることもあります。

アルコール性肝硬変には軽微な体温上昇が認められる場合があります。
■肝臓病の治療
現在知られている治療法としては、肝移植か対症療法です。インターフェロンβ製剤については「C型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善」に対して効能・効果の追加承認が国内で取得されました(2006年)。
詳細はこちら
■肝臓病の食事療法
肝臓病の食事療法の中で最も大切なことは良質のタンパク質をとると言うことです。肝臓を構成する細胞の主成分はタンパク質です。それ故壊れた細胞の再生をするためにも良質のタンパク質は欠かせません。
詳細はこちら
■HOME
■高血圧・動脈硬化
■心臓病
■胃・十二指腸
■肝臓病
■糖尿病
■腎臓病
■肥満解消
■骨粗しょう症
■ガンを知る
■子宮筋腫とガン
■アレルギー
■食事療法
■免責事項
■リンクについて
■リンク集
■プロフィール
スポンサードリンク
Copyright(c) 2008 生活習慣病の予防と治療 All Right reserved