生活習慣病の予防と治療

*肝臓病治療*

現在知られている治療法としては、肝移植か対症療法です。インターフェロンβ製剤については「C型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善」に対して効能・効果の追加承認が国内で取得されました(2006年)。
スポンサードリンク
MENU

肝臓病治療のページ

HOME > 肝臓病 > 肝臓病の治療
スポンサードリンク
■肝臓病治療
現在知られている治療法としては、肝移植か対症療法です。

インターフェロンβ製剤については「C型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善」に対して効能・効果の追加承認が国内で取得されました(2006年)。

アルコールは肝硬変を悪化させ、健康食品による過剰なたんぱく質の摂取は脳症を誘発し、過剰な塩分の摂取は腹水を悪化させます。

よって禁酒と食事中の蛋白・塩分制限が重要になります。

肝硬変患者では消化管でのビタミンKの吸収が低下するため、ビタミン剤の補給が必要になります。

腹水や浮腫の治療としては利尿薬(スピロノラクトンやフロセミドなど)内服や、腹水穿刺やLe-Veen shuntによる物理的な腹水の除去が行われることがあります。

門脈圧亢進症に対してはTIPS(経頚静脈的肝内門脈肝静脈短絡術)など血管内治療による治療が行われます。

いずれの治療法にせよ、進行とともに治療は困難となることが多いです。

特発性細菌性腹膜炎が腹水の原因である場合は、第三世代セフェム系抗生剤を使用します。腹膜炎の発症のリスクが高いと判断された場合は、予防的な抗生剤の内服を行うこともあります。

貧血に対してはその原因に応じて鉄剤やビタミン剤を補給しますが、輸血が必要になることもあります。出血傾向に対する治療としてはビタミンKの補充や、血液凝固因子の補充を目的として新鮮凍結血漿の輸血が行われることがあります。

腎機能の低下(肝腎症候群)や呼吸機能の低下(肝肺症候群)を合併することがありますが、この場合、予後は著しく不良です。
■肝臓病の食事療法
肝臓病の食事療法の中で最も大切なことは良質のタンパク質をとると言うことです。肝臓を構成する細胞の主成分はタンパク質です。それ故壊れた細胞の再生をするためにも良質のタンパク質は欠かせません。
詳細はこちら
■HOME
■高血圧・動脈硬化
■心臓病
■胃・十二指腸
■肝臓病
■糖尿病
■腎臓病
■肥満解消
■骨粗しょう症
■ガンを知る
■子宮筋腫とガン
■アレルギー
■食事療法
■免責事項
■リンクについて
■リンク集
■プロフィール
スポンサードリンク
Copyright(c) 2008 生活習慣病の予防と治療 All Right reserved