生活習慣病の予防と治療

*腎臓病*

腎臓病には、腎炎症候群、ネフローゼ症候群、腎硬化症、腎盂腎炎、腎臓結石などがありますが、中でも最も多いのが糸球体腎炎です。ここでは糸球体腎炎を中心に話を進めます。糸球体は腎臓の中でも濾過器としての重要な働きを担っており、この部位に炎症を起こすと腎臓の機能が著しく低下します。
スポンサードリンク
MENU

腎臓病のページ

HOME > 腎臓病
スポンサードリンク
■腎臓病
腎臓は腰部の脊椎の両側に左右一つずつある臓器で、
血液や体液の量と組成を一定に保つために、
体内で不要になった物質を尿として生成・排泄したり、
生態の維持に重要なホルモンを生成する働きを担っています。

腎臓の機能が低下すると、水分や塩分が体内に滞り、
浮腫みが出たり、クレアチニン、尿酸がたまって尿毒症を引き起こします。

腎臓病には、腎炎症候群、ネフローゼ症候群
腎硬化症、腎盂腎炎、腎臓結石などがありますが、
中でも最も多いのが糸球体腎炎です。

ここでは糸球体腎炎を中心に話を進めます。

糸球体は腎臓の中でも濾過器としての重要な働きを担っており、
この部位に炎症を起こすと腎臓の機能が著しく低下します。

ただ厄介なのは、腎臓の機能が低下しても、
本人には自覚症状がほとんどないと言うことです。

健康診断などで初めて知る人が少なくありません。

これは腎臓がかなりの余力を持った臓器であるため、
自覚症状として現れにくいと言った事実を反映していますが、
放置しておくととても危険な状況に陥ります。

一般に見られる症状としては、蛋白尿、血尿、むくみ、高血圧、
尿量異常、視力異常などがあげられます。
■腎臓病の治療
腎臓病の治療の中で重要なのが食事療法です。病状によっても様々ですが、ここではタンパク質、食塩、水分、カリウム、エネルギーの摂取について記しておきたいと思います。
詳細はこちら
■急性糸球体腎炎(急性腎炎)
風邪や扁桃腺、咽頭炎に引き続いて生じることが多く、小児や青年期、老年期の人にかかりやすい病気です。
詳細はこちら
■慢性糸球体腎炎(慢性腎炎)
急性腎炎が完治せずに長い期間続き、慢性化したものです。
詳細はこちら
■HOME
■高血圧・動脈硬化
■心臓病
■胃・十二指腸
■肝臓病
■糖尿病
■腎臓病
■肥満解消
■骨粗しょう症
■ガンを知る
■子宮筋腫とガン
■アレルギー
■食事療法
■免責事項
■リンクについて
■リンク集
■プロフィール
スポンサードリンク
Copyright(c) 2008 生活習慣病の予防と治療 All Right reserved