生活習慣病の予防と治療

*骨粗鬆症*

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)とは、骨吸収速度が骨形成速度を上回り、骨組織に小さな空洞が形成される症状をさします。骨が変形して背中が曲がったり、骨性の痛みを伴ったり、容易に骨折します。通常の骨折は強い外力が加わった場合に引き起こされますが、骨粗鬆症になると、日常生活程度の負荷で骨折になります。
スポンサードリンク
MENU

骨粗鬆症のページ

HOME > 骨粗鬆症
スポンサードリンク
■骨粗鬆症
骨粗鬆症(こつそしょうしょう)とは、骨吸収速度が骨形成速度を上回り、
骨組織に小さな空洞が形成される症状をさします。

骨が変形して背中が曲がったり、骨性の痛みを伴ったり、容易に骨折します。

通常の骨折は強い外力が加わった場合に引き起こされますが、
骨粗鬆症になると、日常生活程度の負荷で骨折になります。

骨折による痛みや障害はもちろんですが、
大腿骨や股関節の骨折は高齢者を寝たきり状態にし、
生活の質 (QOL) を著しく低下させます。

骨粗鬆症患者の8割は中年以降の女性です。

統計によると日本では1000万人、
アメリカ合衆国では3000万人にこの症状が現れていると考えられています。

骨は正常時において常に骨芽細胞と破骨細胞よる
形成・吸収がバランスよく行われています。

性ホルモンのエストロゲンには骨芽細胞の活動を高める作用がありますが、
女性の場合閉経後、このエストロゲンの産出量が急速に低下します。

つまり閉経によって骨粗鬆症へと進む確立が高くなります。

もともと女性は男性に比べて骨量が少なく、
形成・吸収のバランスが崩れたときには、症状が表面化しやすくなっています。

発祥要因として性ホルモン・加齢のほかに、人種、体型、運動、喫煙、食事、
アルコール摂取なども要因として知られています。

人種的には、アフリカ系が骨粗鬆症を発症しにくいことが知られています。

運動習慣のないやせた体型や低い身長も危険因子の一つです。

骨形成に不可欠のカルシウム不足や動物性タンパク質過多の食事、
ビタミンDの不足、カフェインのとりすぎ、
過剰なアルコール摂取も危険因子とみなされています。

特に喫煙は骨密度を減らすもっとも危険な因子として知られています。

骨粗鬆症予防には、これらの要因を除去し、
適度の運動とバランスの良い食事が重要です。
■骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の治療
骨粗鬆症の治療方法は性別によって異なります。女性の場合、SERM・エストロゲンの投与か、破骨細胞の活動を抑制するビスフォスフォネート(第2世代薬アレンドロネートなど)、活性型ビタミンD、ビタミンK、カルシウム製剤の摂取が選択できます。男性はビスフォスフォネート、ビタミンD、ビタミンK、カルシウム製剤の服用のみです。
詳細はこちら
■骨粗鬆症の食事療法
骨粗しょう症予防において大切なことは、カルシウム不足にならないことです。20〜30才代でカルシウム量は最大値を向かえますが、40才代、50才代になってもそのカルシウムを減少させないことが肝心です。
詳細はこちら
■HOME
■高血圧・動脈硬化
■心臓病
■胃・十二指腸
■肝臓病
■糖尿病
■腎臓病
■肥満解消
■骨粗しょう症
■ガンを知る
■子宮筋腫とガン
■アレルギー
■食事療法
■免責事項
■リンクについて
■リンク集
■プロフィール
スポンサードリンク
Copyright(c) 2008 生活習慣病の予防と治療 All Right reserved