月別アーカイブ: 2016年3月

子どもの頃の脳貧血がトラウマに

子どもの頃、音楽会の練習の時に初めて脳貧血を経験しました。
合唱の練習や立ち位置の確認のために長時間立ちっぱなしでいたことが原因だと思います。
まず耳が聴こえにくくなってきて、やがて全身から血の気が引くような感覚になり、目の前の風景がすべてモノクロに見えるようになっていきました。
20年近く前の出来事なのに、今でもその時の感覚や症状を鮮明に覚えています。
きっとそれほど怖かったのだと思います。

続きを読む

ひじきで貧血が改善するのは本当です

高校の同級生だった友人は誰もが羨むほどの美白美人。
ちょっと病弱な感じがするところも男子の心をくすぐるのか、とてもモテモテでした。
でも、それを全否定したのが担任の先生です。
「あまりにも不健康な顔色だから大学の推薦入学の面接で不利になる」と指導したのでありました。
訊いてみると、友人は貧血なのだそう。

続きを読む

増血剤の味で貧血以上にクラクラ

思えば、高校生くらいの時から貧血です。
フラッとしてしまうのは日常茶飯事で、「このくらいだったらしばらくすると自然に治まる」「どこかに腰を下ろさないと倒れるかも」と冷静に自分で判断できるほどです。
それだけ長いお付き合いなので、特別な対処もせずに毎日が過ぎてしまいました。
でも社会人となってからは、踏ん張りのきかない体質は貧血が原因なのではないかと思うようになりました。
ちょっと仕事も面白くなってきたところでもあります。

続きを読む