月別アーカイブ: 2016年4月

妊娠中の貧血で入院しました

妊娠してから7か月目でお腹も大きくなってきて、立ち上がるのも大変になってきました。
今日は、朝から頭の中がフワフワした感じで、体調もあまり良くない感じです。
一度目の貧血検査では、ひっかかってなかったけど、今度はひっかかってしまうかもしれないなぁと思いつつも、朝から家事にバタバタ追われていました。

昼ごはんを食べて、身体がだるくて少し横になり、眠っていました。しばらくしたら、母から電話があったので、大きいお腹を抱えつつ、電話を取りに立ち上がりました。
その瞬間、血の気が引いてきて、気分が悪くなり、その時は平然を装い、電話を切ったものの、電話を切った瞬間に前のめりで倒れこんで意識を失ってしまいました。

2~3分だろうか、記憶がありませんでした。気付いた時には、床に倒れていました。さすがに妊婦だしヤバいかもしれないと、すぐに主人に電話をしました。そして、歩くのが辛くて、何とか這ってベットまで行くことにしました。ベットに寝たけれど、頭がクラクラするし、気分も少し悪いのです。朝から体調が悪かったのもこのせいだったのかなと思いました。

主人も焦ったのか、仕事を切り上げてすぐに帰ってきてくれました。そして、かかりつけの病院に連れて行ってくれました。
病院に着いて、すぐにMRI検査と血液検査をしてもらいました。そして入院になってしまったのです。私はただ貧血で倒れただけだと思っていたので、入院になって本当にびっくりしました。入院中も脳波検査も行いました。

結局、MRI検査も、脳波検査も異常がなかったので、貧血と診断されました。医者からは、妊娠後期に差し掛かってくると、貧血になりやすいから、食事に注意するように指導を受けました。結局3日間入院し、退院することになりました。

妊娠中に倒れたと言うことで、おおごとになってしまったのですが、貧血で済んでよかったのかもしれないと感じました。

私の貧血の経験

私はこれまで貧血とは無縁でした。母が子供の頃から貧血持ちでよくクラっときて倒れたとか、聞いていましたが私はそんな経験もなく自分はならないと思っていました。ですが、高校生の頃ソファーの上で横になっていて、トイレに行こうと思ってサッと立って行きました。そしてトイレで腰を下ろした瞬間です。段々と目の前が暗くなってきて目は開けているはずなのになにも見えなくなりました。

続きを読む

長年貧血に悩んでいました

私は貧血になりやすい体質でした。最初に自分が貧血だと知ったのは、高校生の時でした。高校生の時に献血をしようとして血液検査をしたのですが、貧血になっているということで献血ができませんでした。自分が貧血になっているということで、ちゃんと鉄分をとらないといけないなぁと感じました。

続きを読む