私の貧血の体験談です

中学生のころ、ダイエットをしていて、貧血になりました。食事制限のダイエットをしていました。あのころは思春期でしたし、雑誌を読むのが好きだったのですが、雑誌に出てくるモデルさんたちのあまりの細さに影響されました。
また、ある人の一声がきっかけになり、ダイエットをしていました。夕飯は、シシャモ一匹に、キャベツを大量に、という感じでした。また、コーンフレークを一粒ずつ食べたりしていました。あと食べていたのは、ヨーグルトです。極端な食事制限のダイエットをしていました。おなかが減るのはつらかったですが、とにかくやせたくてしょうがなかったです。


日が経つにつれ、どんどんとやせていきました。元々あまり太っていたほうではなかったのですが、10キロ近く落ちたと思います。しかし私の場合、きれいにやせることはできませんでした。骨ばってきて、やはり生まれつき細くてスタイルのいいモデルさんとは違うのだなと思いました。
貧血も一番ひどいときは、突然倒れて、目の前に砂嵐が舞ったようになり、起き上がれなくなりました。また、立ちくらみもひどく、座った状態から立ち上がるたびに、目の前が重くなるような感じがし、ずーんと頭にもきていました。

その後、家族が優しくしてくれたことと、成長期だったので、背が伸びなくなったらどうしようと思い、ダイエットをするのをやめました。家族は健康にいい野菜のたっぷり入った料理を作ってくれましたし、その後だんだんと回復しました。しかし、その後も立ちくらみはしばらく続きました。体調が悪くなってきた場合や、ストレスがたまると立ちくらみをするようです。現在は、すっかり治っています。やせていなければ魅力的ではないとも思わなくなりました。