生活習慣病の予防と治療

*生活習慣病*

生活習慣病はそれだけにとどまらず別の病気を引き起こします。言葉から受ける印象が強くないため、深刻に考える人はあまりいませんが、健康を維持する上でメタボリック症候群などは絶対に避けて通りたいものです。生活習慣病に関する理解を深め、健康で充実した日々を送りましょう。
スポンサードリンク
MENU

生活習慣病のページ

HOME
スポンサードリンク
■生活習慣病
生活習慣病・・・最近よく聞く言葉です。

言葉から受ける印象はさほど深刻には感じられません。

中味を知って、こうしてはいられないと生活を改善する人もそう多くはいません。

ほとんどの人は医者から警告を受けてはじめて生活の改善に乗り出します。

かつては成人病と呼ばれていたものですが、成人病と言う概念は加齢によって発病する病と言う概念が強く、予防できると言う認識が強くなる1997年頃から成人病と言う言葉よりも生活習慣病と言う言葉が使用されるようになりました。

主に糖尿病・脂質異常症・高血圧・高尿酸血症など、生活習慣が発症原因に深く関与している疾患を総称して生活習慣病と呼んでいます。

最近ではこの生活習慣病と肥満を複合する状態としてメタボリックシンドロームということばが広く世間に出まわっています。肥満にしても生活習慣が主な原因ですから、その生活習慣を見直すことで予防もでき、危険な段階に至っていなければ改善も可能といえます。

また、がん、脳血管疾患、心臓病の3大死因も生活習慣と深くかかわっていることが最近よく知られるようになって来ました。

肥満はこれらの疾患に陥るリスクを上げるので要注意です。また最近では生活習慣の激変により、成人していない子どもが糖尿病を発症するというようなケースも増え、生活習慣の見直しは急務な課題と言えるでしょう。
■高血圧・動脈硬化
高血圧はそれだけにとどまらず肥満、高脂血症、糖尿病などの病気を引き起こし、動脈硬化、狭心症へと移行します。治療も長期にわたり、薬の服用が必要になります。また食事制限も加わり、かなりの自制心が求められます。深刻にならないうちに肥満を解消し薬漬けの日々を何とか避けたいものです。
詳細はこちら
■高血圧・動脈硬化
高血圧はそれだけにとどまらず肥満、高脂血症、糖尿病などの病気を引き起こし、動脈硬化、狭心症へと移行します。治療も長期にわたり、薬の服用が必要になります。また食事制限も加わり、かなりの自制心が求められます。深刻にならないうちに肥満を解消し薬漬けの日々を何とか避けたいものです。
詳細はこちら
■心臓病
心臓病の中でも狭心症や心筋梗塞は普段からの偏った食事や運動不足、不規則な生活習慣からもたらされる場合が多く、放っておくと深刻な事態を招きます。心臓の筋肉に血液が行き渡らなくなり、組織が硬化してしまう病気です。早い段階で生活習慣を改めると共に、医師と相談して改善策を講じなければなければなりません。
詳細はこちら
■胃・十二指腸
胃潰瘍も十二指腸潰瘍も胃酸と胃壁を守る粘液分泌のバランスが崩れて生じる病気で、ストレスや不規則な生活習慣、偏った食事や運動不足など長年の生活習慣からもたらされる病です。いずれの病も治療法が似ており、早い段階で発見できれば、深刻な事態を招かずにすみます。医師と相談し、生活習慣を改め、健康な体を取り戻したいものです。
詳細はこちら
■肝臓病
肝臓は臓器の中でも比較的タフな臓器ですが、何らかの原因で硬化してしまうと体全体に甚大な影響を及ぼします。いわゆる肝硬変と呼ばれるこの疾患はC型、B型、アルコール性肝硬変の3つに大別できます。いったん硬化が始まると元に回復するのが難しい病気ですから、早い段階での治療が望まれています。
詳細はこちら
■糖尿病
糖尿病は大きく分けて二つのタイプに分類されます。一つはインスリン注射を即時必要とするインスリン依存症糖尿病(1型糖尿病)とインスリン注射を必要とせずに食事、運動療法や血糖降下剤だけで良好となるインスリン非依存性糖尿病(2型糖尿病)です。1型を生活習慣病のくくりの中に入れることはできませんが、ここでは主に2型、つまり生活習慣病としての糖尿病について記しています。
詳細はこちら
■腎臓病
腎臓病には、腎炎症候群、ネフローゼ症候群、腎硬化症、腎盂腎炎、腎臓結石などがありますが、中でも最も多いのが糸球体腎炎です。ここでは糸球体腎炎を中心に話を進めます。糸球体は腎臓の中でも濾過器としての重要な働きを担っており、この部位に炎症を起こすと腎臓の機能が著しく低下します。
詳細はこちら
■肥満解消
肥満解消は今や現代人に改善を求められる最も重要な生活改善の一つです。肥満傾向は先進諸国で顕著に現われ、様々な成人病の引き金になっています。肥満を解消し、深刻な事態を招かぬように日々気をつけ、暴飲暴食、不規則な生活習慣、運動不足に陥らないように気をつける必要があります。
詳細はこちら
■骨粗しょう症
骨粗鬆症(こつそしょうしょう)とは、骨吸収速度が骨形成速度を上回り、骨組織に小さな空洞が形成される症状をさします。骨が変形して背中が曲がったり、骨性の痛みを伴ったり、容易に骨折します。通常の骨折は強い外力が加わった場合に引き起こされますが、骨粗鬆症になると、日常生活程度の負荷で骨折になります。
詳細はこちら
■ガン
癌(ガン)の研究が進むにつれて、その原因が大きく2つに絞られました。一つは遺伝子によるものです。この遺伝子による癌(ガン)発生の割合はさほど多くはありません。もう一つは外的要因、つまり環境因子や生活様式などが癌(ガン)の発生に大きく関わっていることが明らかになってきました。
詳細はこちら
■子宮筋腫とガン
子宮筋腫は腫瘍の一種で、子宮の筋肉層に発生する良性の腫瘍を指します。初期段階においては小さなものでも、放っておくと様々な症状を引き起こし、女性の4人に1人が子宮筋腫の症状を持ち、30代から40代にかけて多いのが特徴です。 がんのうち最も治りやすいのが子宮がんといわれています。ですから自覚症状がなくても自主的に検診を受けることをお勧めします。
詳細はこちら
■アレルギー
普通の人にはなんでもない刺激が外から加わると、体が過剰な反応を起こしてしまうのがアレルギーです。アトピーと言う言葉もアレルギーに関連してよく聞く言葉ですが、これもアレルギーと同義語ですが、遺伝的傾向が強く、アレルギーの原因となる物質が体に入ると約15分以内に反応が現れるタイプのものをいいます。
詳細はこちら
■HOME
■高血圧・動脈硬化
■心臓病
■胃・十二指腸
■肝臓病
■糖尿病
■腎臓病
■肥満解消
■骨粗しょう症
■ガンを知る
■子宮筋腫とガン
■アレルギー
■食事療法
■免責事項
■リンクについて
■リンク集
■プロフィール
スポンサードリンク
[PR]
漢方 健康 食生活  ダイエット方法  ダイエット用品  ガーデニング用品 花  ガーデニング 家庭菜園  花 ガーデニング
バスケットボール用品  ダイエット方法 口コミ情報  おまとめローン  にきび治療 原因と対策  お取り寄せスイーツ
琉球もろみ酢  洋菓子  サングラス 通販
Copyright(c) 2008 生活習慣病の予防と治療 All Right reserved